イベント

〈バブサロンはじめます〉キックオフ★スプリングパーティ

2018年4月25日

Spring has come!

うららかな陽気に誘われて、何かをはじめてみたくなる季節の到来ですね。

 

先日やった占いで「春のイメージ」を聞かれて

 

「花粉もあるし、確定申告もあるし、正直めんどくさいですね…」

 

などと、うっかりネガティブ回答してしまったわたしが言うのもなんですが。

 

でも、お花見をしたり、新緑の匂いをかぎながらピクニックするのは大好きです!

好きですとも!(主に食べ物目当て)

 

さて、そんな春の勢いに乗じて、baby toiも新しいことを始めます。

その名もバブサロン。

毎回、講師をお招きして、パパ・ママ(時に親子向けの)「学びの場」を提供いたします。

バブ体験!とは、いわゆる「アハ体験」をもじっています。

 

人がアハ!体験をすると、0.1秒ほどの短い時間に、脳の神経細胞がいっせいに活動して、世界の見え方が変わってしまうそうです。

よく知られてるところでは、ニュートンが木から落ちるリンゴを見て、万有引力の法則を発見した瞬間。

ああ体験してみたい・・・一度でいいから。

 

「バブ体験」は0.1秒じゃなくても、いい。

産声をあげた赤ちゃんが、ハイハイを経て1人でヨチヨチ歩きを始めるように、じわりじわりと世界の見え方が変わっていけばイイな。

少し違うレイヤーから物事を眺めることで、見方が変わって悩みが解決すればイイな。

 

そんな願いを込めています。

 

なぜ、こんなことをやろうかと思ったのか?

 

色々と理由はあるのですが、大きくは

 

  • ①周囲の魅力的な人たちに、その魅力(知識や才能や特技)をシェアしてもらいたい。
  • ②知りたい人と教えられる人をつないで情報発信できる、ゆるいコミュニティを作りたい。
  • ③いろんな相談が増えてきたから(「パパ・ママにウケるブランドロゴやサイトを作って」「ママ向け団体のデザインコンサルをやって」というものから「プログラミングワークショップ情報教えて!」まで←コレ最近ほんとに多い)。もうコンテンツ化しちゃって、一気にやればラクなんじゃない?

 

と、いう主に3つの理由からです。

 

そんなわけで、なんとなく「何かやってくれそう」な予感のするみなさん(独断と偏見で。キャパの関係で泣く泣く数名)をお招きして、キックオフパーティを開催しました。

 

「春のお花畑」をイメージしたケータリングは、等々力の人気店・famさん。

そのフードたちは、妖精が集まってくるほどのキュートさ!

しかも、このお料理は可愛いだけでなく「子どもに野菜を食べさせよう」というアイデアがこっそり詰まっている優れもの。

母の気持ち、わかってくれてる〜

ペロペロキャンディのような形のぐるぐるパンチェッタには、薄くスライスした人参が忍びこんでいたり、ハンバーガーのバンズの中にほうれん草が練りこまれていたり。

子どもたちが奪い合うように食べた、オメカシクッキー。

 

さらに隙間時間では、パパ・ママの中から有志を募って「読み聞かせ」タイムをもうけました。

 

おうちによって、いろんな読み方があるのも面白い!

美人による読み聞かせ、うっとり。

各家庭のリコメンド絵本をご持参いただきました。

これが、それぞれの個性が出ていてすごく良かった!

大人も子どもも、まるでそのお家の子どもになったような気分で読み聞かされて、なんとなく心がじんわりと温まる時間。

中川李枝子さんの名言「読み聞かせは、大人も一緒に楽しまなくちゃダメ。」という言葉を思い出すような、ごほうびのような時間でした。

 

パパが読んでいるとき、心配そうにそのお家の子どもがぴったり寄り添うのがかわいい。

子どもが思わず立ち始めたら、それは良い読み聞かせ。(私調べ)

 

いつか絵本バトル(ダンスバトルみたいに技とパッションを競う)とか、やってみたいな。

粋なパパ・ママたち、どうもありがとうございました。

読み聞かせを聞いてるときの子どもの表情がイイ!大人もイイ顔してる。

時には、大人同士の本気の将棋対決も。

さあ、あなたも春の勢いに乗って、何かをはじめてみませんか?

たとえば、こんなコンテンツ。

以下に載っていない内容でも、もちろんOK!

 

「こんなん、やってみたいんだけど・・・」

「こういうこと、知りたいんだけど・・・」

 

などなど、こちら までお気軽にご相談くださいね。